本日、真昼間に金縛りにあった。
2階の寝室の、床の上でお昼寝の最中。

さて、下の部屋からは、お昼にある「さんま御殿」の再放送の音が聞こえるので、お昼の12時は過ぎている。
さて、昼飯を食べに下りるか・・・

と、目を開けようとしたが、目が開かない・・・
え”!!
体は、万歳の格好で横になっていたのだが、押さえつけられて動けない。
しばらく抵抗した後、いい気になったのか、誰かがのっている。それも、ほぼシックスナインの格好で・・・

若い女というのは何故か分かった。
壁から出てきている。
それが、Tシャツのめくれた所から、私のヘソを舐める。

くすぐったいやら、気持ちがいいやら(笑)。
「やめろ~!!」
体をよじろうとするが、体も動かず声も出ない!!
しかし、諦めたのか、ふっと体が動くようになり、飛び起きたが誰もいない・・・

おいおい。今の、錯覚だったのか・・・
下では、なお「さんま御殿」の番組の音がしている・・・

さて、抵抗しなかったら、もっと気持ちがいい事をしてくれたのか?(笑)
そのうち、牡丹灯篭の怪談のように、生気を奪われていたりして・・・