昨夜、弟の嫁から電話があった。
下関に住んでいるにもかかわらず、ここ2,3年会っていないし、電話も年に1回くらい。

大抵電話のある時には、ろくな事は無い。
昨夜の電話も、そうだった。

電話のあった前日。弟が死にかけた事だと言う。
ここ数日、体調が悪かったらしく、いきなりイビキをかき眠りこけたらしい。
ぱっと見、おかしいと思った嫁は、すぐに119番。

その直後、心肺停止状態になり、びっくらこき人工呼吸と心臓マッサージをし、救急車が来る前に蘇生。
病院に行くと、肝硬変を起こしているらしく、またいつ心肺停止状態になるやも知れないので、肉親には連絡を入れておけとの医者の指示。
一応、車椅子に乗って入るとの事だったので一安心。

しかし、何年もほとんど仕事もせずに酒びたり。
医者にも、このまま酒を飲み続けると、36歳まで生きられないと診断されていたにもかかわらず、アル中なんで止める事は出来ず。
とうとう、ここまで来てしまった。

ただ今、奴は35歳。
このまま医者の予想通り死んでしまうのか?
私は、なんだか当たってしまいそうな気がする。

今から気をつけてももう遅いだろうし。
まぁ、今週は病院にいるから、すぐには殺さないだろうけど・・・