大きな魚と小さな魚じゃ、大きな魚がいいに決まっている。
しかし、それまでの工程を考えると・・・

というのが昨日釣った40cm弱のセイゴ。
先日釣った70cm弱のスズキと比べると、セイゴの方が楽しかった。

スズキを釣った場所は、何にも無い場所。
時間とともに変わっていく流れの緩みを見つけて釣るもの。
頭の中に想像するものはほとんど無し。
おまけに市販のルアーで釣ったとあっちゃ、喜びも半減。

セイゴを釣った場所は、流れ+ストラクチャー。
ストラクチャーの位置まで、いかにルアーを持って行き当たりがなければワンアクションさせるなど、いかに魚をその気にさせるかという想像力との戦い。

おまけに自分の作ったルアーで釣っているのだから、間違い無く釣れた1匹でなく釣った1匹。
いかにメーカーのテスターが、自慢げに釣った1匹と雑誌には書いてあるが、私に言わせれば金をかけて研究したメーカーのルアーに釣らせてもらった1匹にしか思えない。

自作のルアーで釣った魚の喜びは、本当にルアーを作って釣った人間にしか分からないだろう。
そこんところ、市販のルアーしか使わない人は気付いていないだろうが、釣りの喜びの半分は放棄している。

もったいない・・・・

ただ、一番嬉しいのは自作のルアーででかいのを釣った時。
昨年は何年ぶりかに、ランカーは釣る事はできず。

今年はいかに・・・