疑似餌工房 座敷童子 〔別館〕

2013年03月

今年、初めての釣りです。

私は、博打が嫌いじゃなく、嫌です。
勝つ確率が半分ならしません。

パチンコ、競艇、そげなもの5割の勝率は無理です。
だからしません。

釣りも、博打のようなものと思ってます。
勝率が、6~7割ないと行きたくありません。

といいつつ、この時期は博打のようなもの。
5割の確率があればいい方です。

しかし、あそこなら・・・
そんな場所がある訳で・・・
という事で、出発~!!

30分くらいかけ到着。
あ・・・
ゴールデンライン、できてない・・・

そう。光の明暗にシーバスが潜むわけで。
あれば8割位の確率でバイトがあるんですが、その場所は不定期で明暗があったりなかったり・・・
行かないと分かりません。

違う明暗はあるんだけど、確率がうんと下がっちゃいます。
それでも新品のイカデビル・テロを明暗に投げ通します。

久しぶりのキャスト。左手が痛く、かばいながらが良かったのか?
いいコントロール。

居れば5回以内に来るはずですが、一向に来ません・・・
とりあえず20回くらい投げますが無反応。

そんな明暗を3箇所探りますがおらず・・・
粘るか、帰るか?
粘っても、勝率は1~2割。

答えは帰る方に。
釣り時間、20分もありません。

往復で1時間かかるのに。
せっかく来たんだからもったいない。

寒いからあそこには行きたくないんだが・・・
しかし、ここより確率はいいだろう。ただし、バイトがあっても1回くらい・・・
で、移動。

ここのこの時期の確率。3~4割。
ちなみに、この確率。
釣り上げる確率でなく、バイトの確率。

私の場合、自分の作ったルアーしか使いませんので、いかに魚を騙せたかというのが確率となります。

ただ、例年よりいいデーターは、すでに池では亀が冬眠から覚めて浮かんでる。
ツバメが来たなど、春が早いと言う事。

すこし潮位が高く、潮の流れもないから待機。
潮位が下がって再開。

ここでは、アバウト90を主体に投げまくり、時々イカデビル・テロを投げる。
しかし、あたりがない。まだ、早いか?

プチ移動で裏側に、アバウト90を通すと、ゴン!
久しぶりに魚の感触。60cm弱とみた。

しかし、取り込めません!!
取り込む所に、大量に流されてきたアシが。
タモももってきてません。

とりあえず充分弱らせ魚が目の前に。
60cm弱です。
腕を上げ魚の頭を水中から出し、アシの間を。

さて、ハンドグリップでとランディングしようと思いきや、最後のエラ洗い。
水に浮かんでるアシの上に乗っかり、暴れたところでまさかのフックアウト!!

ああ~~~~!!

目の前に、魚はまだ横を向いて動いてます。
ハンドグリップじゃ無理。
手で持とうかと思いきや、あの背びれで刺されるとと思うと、動きが止まってしまい、その隙にアシの隙間から消えていってしまいました。

あ・・・・
せっかくのバイトが・・・
もう、今日はないだろう・・・

しかし、あった時の事を考え、浮かんでいるアシを全て除去!
車にタモを取りに行くのも考えましたが、少し離れた所ですから。
手が冷えてしまいました。

手袋をしてこなかったのを後悔。
体が冷えていきます・・・
テンションも下げさげ・・・

時間が経ち、コツ・・・
ん?ベイトに当たった?

そこを粘って通してたら、こん!!
お、明らかにバイト。が、のらん。

少し待って、再度そこにアバウト90を通すと・・・
おっしゃ~!!
これもさっきと同じサイズ。左手1本で何とかできます。

P3300904_R
P3300905_R
今年、初物。
57cm。
憎っくきアシが、下にまだありますねぇ。

再度、キャスト。
ごん!
連チャン!

しかし、ランディング寸前でフックアウト。
まぁ、50cmない奴だから・・・と、少し悔しいんだが・・・

その後、もう1回乗ったんですが、再度フックアウト。

眠いんで終了~。
移動して正解でした。
まさか、こんなにばいとがあるなんて。

水温は例年より高いです。
既にシーズンインですね。

久しぶりに、釣りに行ってきます!

4ヶ月ぶりに竿を持ちます。
って、さっき持って、リールの交換して、すでに竿には触ってしまいましたが。

新品のイカデビル テロに、スティンガーを装着。

準備OK。

あとは、現場に行ってゴールデンラインが出来ていたら、9割がた釣れる!

スズキとのやり取りで、自分で決めてるルールがあります。

右手はリールのハンドルを回すだけ。
左手1本で竿を持ち、やり取りをします。

時々、大物が来た時や元気がいヤツが来た時。
ストラクチャーから離さんやいけん時、両手でやりますが、その時は自分の負けと思ってます。

左手首を痛めてますから、今日は、60cmクラスでも、両手を使わんといけんと思います。


そうそう、今日ツバメが、飛んでました。
スワローズ、がんがれ~!

途中の桜並木が楽しみです。

本日会社にて・・・
火災訓練なるものが、行われた・・・

各職場から数人ずつ参加。
時間になったから、D棟に向かってると、他部署の人間が違うとの事。
え、変わったん?

と、人の流れに沿っていくと、野球場の駐車場に到着。
消火器会社の人が、色々と為になるお話を。

本日は、実際に火を消してもらいます。
鉄板にできた四角い器に、ガソリンと灯油の混合物が入れられ点火。

消火器は全部で60本。
ほぼ、参加者全員できる数。

座敷童子は、若気の至りで何度も振り回したこともあるし。
そのおかげか?

実際、この会社に入ってボヤを起こした時も、慌てる事なく消火できましたが、その後、ボヤを起こしたというわけで怒られましたが。(笑)
そんな訳で、後ろから見学のみです。

今日は、風が強く火も煽られて踊っている。
風上から、10人程度の人間が消火器を構えて、一斉消火!!


ボ~~~~~~~~!!!

黒い煙と白い煙。
そして消火剤のピンクの粉末が・・・


IMG_20130328_153237 - コピー_R
こりゃ、凄まじい・・・
隣接する公道は・・・
IMG_20130328_153247 - コピー_R
煙幕です。
写真のは可愛いくらい。次の瞬間は、左の方の濃い奴が道を覆います。
春らしく、桜色で前が見えません。

徐行して煙幕の中から車が登場。
お、我が社の車だ。
逆の立場なら、大文句たれられてもしかたないですね。

こりゃ、国道までピンク色ですよ。
中国の公害、可愛いもんです。

それが、6回ですか。
桜色。

あぁ、春だなぁ・・・(爆)

水曜日と土曜日は、道場でボクシング。
その他、日曜日以外は、会社で筋トレ。
家に帰って、サンドバック叩き・・・

これが日課のようになってますが・・・
ここ最近、オーバーワークのようで。

会社での筋トレ、軽すぎて最近いいウェイトを拾ってきた。
1枚7Kg。これが確か12枚だったかな?

これをマシンに付け、四角いんで、さらにその上にウェイトをのせ、100Kg超でバタフライ。
恐らく、滑車が2つ付いてるから、重さは半分になってる。
このウェイトだと、4回しかできん。

4回したあと、左右5Kgずつウェイトを外して、それで限界が4回。
すこしずつ、限界が来たら下ろしていく筋トレに変更。

ラットプルダウンは、このウェイトでやると、体の方が持ち上がるんで、座っているところを足で挟み込み引く。
おぉ、こりゃ効く~!!

と、やっていたら、何か嫌な予感が・・・
ちょいやってみてと、若い子にやらすと、マシンの軸がひん曲がる寸前。
こりゃいけんわ~と、止めさせ、ウェイトを落としました。

で、家に帰ってサンドバック打ち。
最近、サウスポーでも打てるようにと、やっていたのがいけんかった。

慣れん左ストレート。
思いっきり打ったら、手首の方が悲鳴をあげてきました。

それでやめておけばいいものを、次の日、同じ事を・・・
もう大丈夫かなと、また思いっきり打ったら、まだ治っておらず。
痛さの上塗り状態。

次の日また同じ事を。
今度は、フックなら大丈夫だろうと、左フックを。

大丈夫やん~。
と調子こいて打っていたら、ズキっ・・・

あ、左フックも打てなくなってしまった。

こりゃ、中毒ですね。
筋肉、動かせたくってしかたない。

ちょっと、サンドバック打ちは中止して、無理のない筋トレのみにしておこう。

会社にて・・・

三坂さんと片桐くん。
年は違えど、車キチである。

2人の違いはというと、三坂さんは私と同じスーパーカー世代。
片桐くんは、いかに速く走るかという走り屋である。

車にも違いがあり、三坂さんはアルファ・ロメオ。フィアット。を所持。フィアットの前はベンツに乗っていた。
片桐くんは、チューンしたRX7。俗に言うFD。とレガシー。

両者ともに羨ましい・・・
座敷童子も車が大好きなんだが、車にお金をかけることがでない。

子供の頃は、同級生の山形が、俺はランボルギーニを買う!(カウンタック)
平川は、俺はフェラーリや!!(512BB)
俺(座敷童)は、ポルシェや!!(930ターボ)

じゃ、3人で買いに行って、競争しよう!
と、熱く誓った・・・
が、大人になって現実が・・・

カウンタック、2000万円。どうやって貯めるん!?

で、妥協。国産車やね・・・
そんで、車といえばスカイラインや!!

と、当時ニューマン スカイラインが出てまして、親父がそれに乗ってまして、その後の鉄仮面が出ていた頃に免許を取り・・・

買えんなぁ・・・
と、スカイラインのジャパンを購入するも、2ヶ月でマリンランドのコーナーを曲がりきれず、反対車線に飛び出し、コンクリートの壁に乗り上げ1発クラッシュ!廃車・・・

夢は、そこでついえました・・・

しかし、いつかはスーパーカーに!
手が届いて、本当に欲しいスーパーカーはと考えたところ、ロータスヨーロッパが欲しい~!!

しかし、無理すれば買える値段ですが、維持費がねぇ・・・
もう少し、機関に詳しければ自分でやったりできるんですが、さっぱり判らん。

あーやない、こうやない・・・
時代が同じ三坂さんとは、すごく話が合います。

カウンタックがどうのこうの・・・
今の子は、イオタやミウラなんか知らんやろうねぇ。
ウラッコとか、チーターなんか、絶対に知らん。(動物園?)

そうそう、マセラティなんか、分かんないし、アストンマーチンなんかねぇ・・・

値段、カタチで言えば、ホンダのNSXなんかスーパーカーみたいだけど、俺たちはあれはスーパーカーじゃないんよねぇ。

で、三坂さんの名言が・・・

俺たち、時代遅れと思われるかもしれんけど、あの時から時間が止まってるんやね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この人、いいこと言うわ・・・・

はい、あの時から、自分たち。
時間が止まってるんです。

ストラトス、ディノ、メラク、パンテーラ・・・
いくら速くても、糞くらえ~!!

あの頃の車は、デザインがいいんです!


話は変わって・・・

5月20日。門司港レトロで、「第5回門司港ネオクラシックカーフェスティバル」が行われます。
p1[1]
国産車が多いと思うんですが、それでも涙ものになってしまいそうです。
レトロな車満載。

自転車こいで行こうと思います~!

久しぶりに、ルアー作りを。

本当は、先週から始めるつもりだったが、アバウト90のテンプレートが無い!!
これは、死活問題である。

実物、製作途中の物はあるんだが、これを型にトレースすると、少し大きいものになってしまう。
以前も1度無くしてしまい、テンプレートを再度起こすのに2日かかってしまった。

というのが、このアバウト90。
すごく微妙なバランスで成り立っている。

出来上がりで前沈み。
尾の部分のみ水面上に浮き上がり、斜めの姿勢で停止。

これにオーナー針のスティンガーST35を付ける事により、サスペンドよりわずかに重い。
スロー沈下になる。

とりあえず作ってみて、水に浮かべ、その姿勢を見ないと、どこが足りないか?
どこが削りすぎたか分かんない訳だ。

ルアーの大きさが小さいと、シンキングになり、放置プレーでわずかな水流の変化がある所で揺らぎが起こらないし、大きければバカみたいに上の方で動き回ってバランスの悪いルアーになってしまう。

諦めて、またテンプレートから作ってる最中。
なぜか道具箱の蓋の上にくっついてるテンプレートを入れたケースを発見。
もうやる気がなくなり、今日に至った。

まぁ、作るといっても大まかなところまで作ってるんで、サンディングしてアイとウェイトを入れるところまでなんだが。
P3240901_R
とりあえず4つ。コーティングができるところまで完成です。

P3240902_R
まだ、青い筒の中には10個くらい。
他の入れ物にも20個くらいあるし。

いっぺんに作っても、今度コーティングが面倒になるから、10個仕上がったところでコーティング作業に入ります。

今週末、潮が良さそうなんで、今週末から座敷童子の今年のお魚釣りが始まります。
最後は去年の12月の始め。
約4ヶ月ぶり。

その間、手入れでさえもしておらず。
全く竿にも触ってない。

さて、釣れるかな?


今日は土曜出勤。

はぁ・・・
テンション下がります。

家に帰ったあとも、町内の役員会・・・
はぁ・・・
面倒くさい・・・

ボクシングに行くも、左手首をサンドバックを殴っていた時に痛め、気になってどうも上手く当てれない。
せっかく行くも、あんまり運動しませんでした。

まぁ、たまにはこんな日もあるさ。

明日から、また頑張ろう。

私が勝手に、すごいなぁーと尊敬しているブリーダーさんが、るなるなさんだ。

山口県の方でして、Luna's House で、動物取扱業者の登録もされていて、勝手に調べたら山口市の方でした。

ブログを見ると、いろんな鳥を飼育してらっしゃいます。

何がすごいって?
愛情込めて、生まれたばかりの、親から放棄させられた雛とかを育ててらっしゃる。
私にゃ、絶対に無理です。

生まれたばかりの雛は、2~3時間おきに挿し餌をしなければならず。
明るいうちはまだしも、夜中も起きて挿し餌をしないとなんないんですね。

生まれたばかりの雛を見たことがない人も多いと思いますが、分かりやすく言うとコオロギ位の大きさか?
コオロギなら、外骨格で握りやすいんですが、雛は外側が肉。
摘んで手のひらに乗せるのも、潰れるんじゃないかと思えるくらい恐怖です~!!

自分の腹を痛めた子ならまだしも、他人どころか鳥の子ですよ。
子育てをする女の偉大さも分かりますが、産毛しか生えていない雛を最初から育てる。
私には考えられない偉業です。

うちのコザクラインコ達は、どうも子育てが上手くない。
孵せないし、孵してもそのうち半分以上は死なせてしまう。

こりゃ危ないなと思うことはあっても、育てる自信がなく、親任せにして案の定死んでしまわせた時の罪悪感・・・
もう少し、大きかったら育ててあげれたのにと、勝手に言い訳をしてます。

でも、この方は、しちゃうんですよね。
すごいです。

最近のブログに載っていた子は、預かりの子みたいでして、里子に出すことはないと思うんですが、例えばこんな感じで子育てをし、里子に出して値段をつけるとしたら、とんでもない値段で出したとしても私は納得できます。


さて、うちのコザクラさん。
ぷっちょと、めいちゃんが相方がおりません。

無精卵を産んで、温めている姿を見ると、早くお婿さんをもろうてあげんとと思う親心です。

早く次の雛が欲しくて、ウズウズしてます。
できればオス2羽。
宝くじのようなもんですね。


このページのトップヘ