とても、綺麗な色になったももちゃん。

なんて色なんだろう?
背中付近は、モーブの薄い感じで奥にブルー。
これが緑なら、普通のねずみ色っぽいモーブなんだが。

見た感じは、シルバーに見えてしまう。
不思議な色になりました。

さて、ケースの蓋を開けると、一目散にお父さ~んんと、まるでうる星やつらのてんちゃんの様に、パタパタ不安定な感じで飛んでくる。
かわゆし!

しかし、夜。
ケースを開けてみると、一目散に文鳥のティーちゃんの方に。
ティーちゃんは、怒るんだが、この歳で既にこいつは自分の敵ではないと認知しているももちゃん。

この辺りに、飛んで捕まっている間は大丈夫。
危険エリアのケージに張り付いたら、出血間違いなし。
運が悪けりゃ、指がもげてしまう。

放置していたら、ももちゃんの悲鳴が。
左に移動して、コザクラインコのパンチのケージに移動し、パンチが尾っぽの羽を抜いていた。(笑)

パタパタパタ。
悲鳴を上げて、飛んできて訴えるももちゃん。
かわゆいのう。

お出かけし、再度放すと、また文鳥の方に行った後、パンチに足を噛まれて悲鳴を上げて飛んできた。
IMAG3951
お父さ~ん゚(゚´Д`゚)゚
甘えてくるし、かわゆいのう。

こうして噛まれて、ケージの上や横は危ないと、集団で生活することを、我が家では覚えていきます。

さて、雨が降った後なんで、シイタケを採りに山に。
IMAG3948
これで最後かな?
今度、もう1回、小さいのが採れて、このシーズンは終わりパターンか。

IMAG3949
土筆も出て、春の訪れを感じます。