今年のツールド・しものせき。
びっくらこいた。
封筒の中には、自転車の点検を、自転車屋でしないといけなくなり、自転車屋の証明も出さんといけなくなった。

あぁ、面倒くさい~。
チャリンコのメンテくらい、自分でしろよな。
メンテ道具も持たないチャリラーが、多くなったということだな。

私は中学生の時に、自転車屋になりたい時もあった。
今思えば、ならんでよかったが。

何年か前に、30年以上前に乗っていたチャリンコがオークションで出ていたんで入札し、全部バラしてフレームを再塗装し、レストアもしたから、普通の人間よりかはチャリの構造とかも分かってるつもり。
という事で、出来るだけお金をかけたくないわけだ。

先日、同じくツールド・下関に出る同僚が、アサヒ自転車で、ツールド・しものせきの点検をしに持っていくと、スポーツタイプなので3000円取られたと教えてくれた。

どの程度、点検をしたのか知らんから、この3000円が高いのか安いのか分からんけど、私が気に食わなかったのが、スポーツタイプだから3000円というのが引っかかった。

じゃ、一文字(言い方が古いですね)のハンドルのチャリンコはどっちなん?
あれ、構造変わらんけど、街乗りタイプだよね。

という事で、以前レストアした時に、どうしてもこれだけ出来そうな気がしなかったスポークの張替えを頼んだラビットストリートに電話してみる事に。

その時は、約束した日に取りに行ったんだが、もう1週間待ってくれと言われましたが、他に張替えをしてくれる自転車屋がなく、悶えてまってました。


電話を掛けると奥さんらしき人が出て、ツールド下関の車検をしてくれますかと聞くといいですよと。
料金を聞くと、ワイヤーを変えるとかになると料金はかかるということだったが、無料ですと。

はい!?
この御時勢で無料とな!
点検の予約をして本日、もって行く前に自分でメンテをしてレッツゴー。
IMAG4524

いくらなんでも、ただというのは申し訳ない。
後ろの変速機の調子が少し悪く、自分でやるのも面倒なんでプロにおまかせする事に。

それとチェーンの油も乾いていたのも知ってましたが、それも点検項目もあったんで、やってもらうと工賃が発生して店の儲けになるかと。

店内を見て15分くらいして終わりましたと。
後ろの変速機の調節はしておきましたんで、これでしばらく様子を見て下さい。
それから、変速はするんですが、前のディレイラーが曲がってますよと教えてくれた。

確かに曲がってはいるが、こけたりした記憶もない。
きょとんとしていると、新品のを見せてくれたが、確かに曲がってない。

なるほど。

あと、油が切れてるようなんで、付けておいて下さいねと言うことだった。
え、私の魂胆、分かったのかな?

点検用紙にチェックをしてもらい、ハンコを押してもらった。
これで出場できる。

おいくらですか?
と聞くと、結構です。

だって!?

はい?
変速機の点検もしてもらってますよ。

いいですから、楽しんできてください。だって。
うわ~、もうダメ。

もう、何かあったら、ここに持ってこよう。
自転車屋がどんどん潰れて言ってる中、こんな自転車屋を潰しちゃだめだ。

今日はありがとうございました。