疑似餌工房 座敷童子 〔別館〕

カテゴリ: コンサート ライブ

2週間前だっけ?
神戸の行われた小田さんのコンサートに行ったばかりなんだが、ファンクラブ枠で愛媛の松江公演の1日目が取れてしまた。

嬉しいんだが、どうせなら最終日の2日目が取れたら良かったのにねぇと女房と話していた。
そんで、ダメモトで一般枠のチケット発売日に、ネットで取ろうとしたら、あれ?という感じでトントン拍子で取れてしまった。
いつもなら、繋がりもせずに数分後に終わってしまってるのに。

よっしゃ~!!
初めての同じ場所2公演じゃ~!!

と喜んでいたんだが、どうも先日、神戸で2日有給を使っちゃってるしなぁ。
今回、2日見れば3日有給を使わねばならん。
合計5日はなぁ・・・

すごく悩んだ挙句、松江1日目を止める事に。
オークションなんか出したら大儲けできるんだが、小田さんのチケットは返すことが出来るんだな。
これで小田さんにファン2人が、うちらに代わって1日目に行って応援ができる。

さて、問題発生。
23日位から具合が悪く、といっても37度くらいだろうが怠くって寒い熱い・・・
中途半端な感じで、治りそうなんで病院にも行かずに仕事頑張ってたら、とうとう土曜の夜くらいから38度5分まで上がってしまいグロッキー状態。

病院にも行けず、月曜日になるも少ししか下がらんから、会社を休んで病院に。
漢方薬と抗生物質を出してもらい、これがよく効いた。
もしダメなら、娘と行っておいでと言ったんだが、あんたが行かんのなら私も行かんと。

こりゃなんとか治さんと。
火曜日の朝。
熱は37度少し。

休みたかったけど、休んだ次の日に遊びに行くんで、無理やり出る事に。
少し運動して汗をかいた方が、よくなる気もして。

そんで水曜日当日。
下がった、行くぞ~!!

車を出して高速突入。
初めてしまなみ海道を走ってみましたが、美しい!!
70Km程度なんで、チャリンコでゆっくり走るには最高ですね。
20190731_111456

昼飯、あんまり食うところが無さそうで。
道の駅で海鮮丼定食みたいな物を。
20190731_121410
まぁまぁだね。

少し早いんで、松山城に。
よくよく考えると、物心付いて初めての四国だなぁ。

松山城の入口のロープウェイ入口。
こんなところにあるのねと不自然な場所でしたわ。
20190731_133232

どうする?
具合が悪いんなら上だけ行って止める?
城に行くには、ロープウェイ降りて10分歩かにゃいかんらしい。

折角なんで城までいく!

まずは第一関門。
暑い!
選択はロープウェイとリフトを選べるが、屋根があるロープウェイを選択!

これが失敗した。
ドアが閉まると、まさかにダイソン。
エアコン、付いてないやんか!

汗ビッショリで2分少し我慢。
隣りじゃ、直射日光は当たってるが、涼しげにリフトで人が登ってる。
あっちにすれば良かった。

降りてから城までがまた長い。
攻めて来る時に、相手を困らせるためだろうが、入るまでカクカク何度も曲がって遠回り。
誰の城か知らんけど、よっぽど悪い事したから、攻められるんだろうなぁ。

さて、天守閣は良かった。
上がるまで、暑さで具合が悪くなりそうだったが。
20190731_135715
帰りはリフトで。
高所恐怖症の私は、尻が滑って落ちんだろうかとビクビクしていたんだが。

さて、ホテルにチェックイン。
東京第一ホテルだっけ?
室内に入って、しょうしょうがっかり。

ここ最近で、一番古そうだ。
まぁ、寝るだけだからと我慢する。

ホテルを出てチンチン電車に乗り松山駅まで。
物を知らん私は、チンチン電車が走ってる事さえ知らず、見て乗って喜んだ。

松山駅から1つ先の市坪駅が目的地。
坊ちゃんスタジオという野球場が隣接されている。

おぉ、なんか木造ぽい武道館。
これが今回の会場か。
20190731_164431

とりあえずは、オンステージシートの受付。
並んだ途端に締め切られ、私たちが一番最後に。

のはずが、何故かその後、1人、自分で作ったのか。
YESーYESーYESの5人の時のオフコースのTシャツ着ており、すげー欲しかったですわ。
20190731_170222

追加公演の2種類のTシャツ。
夫婦で1枚ずつ購入。

今回の追加コンサートで、いつも言ってくれる、「また、会おうぜ!」という言葉が、どこの会場でも聞かれない。
小田さんも72歳にもうすぐなるんで、もしかしたらこのコンサートが最後と考えているのかも・・・

最後の記念になるやもと、恐らく袖も通さないやもしれませんが。
20190731_172808

さて、自作のTしゃつの方々、グループも多いですねぇ。
私も作れば良かった。

赤いTシャツのグループは分かりにくく、「matane」と白い文字で印刷。
よく見んと分かんないですね。
小田さんの曲の題名ですわ。

「またね」か・・・
私なら、「股根」と、卑猥な印刷になってしまい、他のファンから刺殺されるやもしれません。
20190731_172757
ほほう、光る棒を配るのか。
ずっと前に、電池式のを横浜アリーナで配られ振ったときにゃ幻想的だったねぇ・・・

さて、時間になったんで入場。
恐らく鉄骨に木の板を張り付けたような構造なんでしょうが、木造建築のようにしか見えません。
ここ、いい!!

席は舞台左後ろ。
あちゃ~!
小田さん、前を向いて歌ったら、お顔が見えない席ですね・・・
おおおimage
しかし、最前列。

小田さん達の出入りする場所のすぐ上です。
ステージ下の、スモークの装置や、働く人たちが見える席です。
以前、広島でも同じような席でしたが面白い場所でした。

座席には、光る棒ですね。
マグロのウキ釣りに使えそうです。(笑)
20190731_180426

ここで下に知った顔が!
松江で一緒に大声で「アンコール」を叫んだ、愛知の杉山稔さんです。

杉山さんは、L2位かな?
他のファンの方と一緒です。
いつもは声は聞こえるんですが、姿は確認できないことが多い人です。(笑)

さて、珍しく両サイドが明り取りができるようにでかいガラス面がある武道館。
始まりの18時半にゃ、まだ明るいし。
どうするんだろうと思っていたら、回転するブラインドのようなもので塞ぎ、明かりがもれないようになりました。

さて、いつもの小田さんの映像。
アニメに変わり、機関車と併走するティンカーベル・小田さん。
メンバーの入場。

最後に、小田さんがペンライトで照らされて出てくるのを斜め上から拝見。
大きな拍手。
スタンバイ・・・

明るくなって、「会いにゆく、どこにでも・・・♫」!!
コンサートの始まり!!

神戸2日目の時は、優しく歌うところでは声が出ていなかったが、今回の小田さんは、まぁまぁ。
音は席が悪いのか、今回のツアーでは一番悪かった。

セットリストはこれ。

1.会いに行く
2.そんなことより 幸せになろう
3.こころ
4.たしかなこと
5.夏の終り
6.秋の気配
7.小さな風景
8.Re
9.愛を止めないで
10.言葉にできない
11.my home town
12.Yes-No
13.坂道を上って
14.the flag
15.ラブ・ストーリーは突然に
16.キラキラ
17.YES-YES-YES
18.さよならは 言わない
19.明日
20.風と君を待つだけ
21.今日も どこかで
22.この道を
23.君住む街へ

アンコール①

24.風のようにうたが流れていた
25.またたく星に願いを
26.hello hello

アンコール②

27.さよなら
28.やさしい夜 (ここでサイリウム)
29.また会える日まで
30.会いに行く

エンディング映像

アンコール③

31.ダイジョウブ


さて、コンサート模様。
メモした事や、他の人のブログなんかを見て書いてます。

追加公演となり、ENCORE ENCORE とアンコールの文字が1つ増えただけなんですが、いつもコンサートの終わりのどこかで必ず言っていた「また会おうぜ!」みたいな再会の約束をしてましたが、これがないんです!

全て言っているわけじゃありませんが、これであっちこっち見ても、どこの会場でも言っていないことが判明。
もう72歳にもなるから、引退を考えているのか?
最近じゃ、花道を走り回ることも無くなったし。

もし、最後なら目に焼き付けておかないと。
大袈裟だが、歴史の証人の一人として見届けないといけない。

小田さんの最初の衣装。

上は白のカッターシャツを2回めくるいつものスタイル。
両胸の所には、版画印刷のような白黒写真の四角いデザイン。(何かは確認できず)
後ろの背骨に当たる部分にも、同じような白黒の色の5cm位のラインが入ってます。

インナーのTシャツは、開いたカッターの間から見えている部分だけですが、背中のラインのように上から下までいくつかの写真のような物がプリントされた縦ラインが1本。

ズボンはチノパンって言うんですか?
薄いグレーぽいもの。

靴は確認できませんが、おそらくいつもと同じものと思われます。黒に近いグレー。
メーカーは、アシックス。
マークは黒です。

2曲目の「そんなことより幸せになろう」のラストのサビで、発泡スチロールで出来たハートと、小田さんを型取った飛行体が降ってきてきた。

先々週の神戸じゃ降ってこず、大きな会場だけなんやとがっかりしたんだが、綺麗にゆっくり旋回しながら降りてくる。

こっちこ~い!!

私が2つ、女房が1つ。ジャブを打つ要領で目の前に来たものは全てゲット。
ボクシングしてて良かったなぁ。(笑)
ダブってたものを1つ、隣で何も取れなかった女性にプレゼント。です。

女房に渡しておいたんですが、まさか発泡スチロールと分かっておらず。
骨折が何箇所・・・
折れるから気を付けれと言っておけばよかった・・・(´;ω;`)

4曲目「のたしかなこと」の前には小田さんから一緒に歌うように練習をさせられる。(笑)

御当地紀行の後の衣装。
上は白のTシャツのみ。

面白いデザインで、メニューのような紙を2枚貼り付けたような物。
向かって左側の方が小さく、横書きの短い単語が何行か書かれてますが、文字は小さくて確認できず。
右側は大きく、横に長い文字が何行か印刷されてます。

18曲目の、「さよならは言わない」の最後では、小田さん涙ぐみ歌えず・・・
以前、どこかのコンサートで言っていたが、この歌のようにさよならは言わないで身を引くんで分かってくださいみたいな事を言っていた。(どこのコンサートだっけ?)

やはり、これで最後のコンサートと決めているのか?

終わってアンコール1前。
おっと、杉山さんが立ち上がり、大声を出して「アンコール」を叫び出しましたよ。
両隣にいた連れと思われる女性も一緒に叫んでるようです。

これに負けずに、左の方から黄色い声でアンコールの声が聞こえてきました。
残念ながら、両者そろってません。(笑)

もうひとグループ、叫んでいましたが、私は病み上がりなんで遠慮しておきました。

アンコール2前。
同じく杉山さんや他のグループも大声を出してます。
私の少し離れた右側にいた小学生も、時々大声でサンコールを叫んでます。

「いっちょ、やるか」
女房に宣言し、隣のお姉さんにも、「少し騒ぎます、すみません」 とお断りし、野太い声で「アンコール」を叫び始めました。

これが気持ちいいんですわ~。
教えてくれた杉山さんに感謝です。

小田さん登場。

30曲目、「会いにいく」の最後で、『どうもありがとーー!!』
と行った後、一瞬考えるような顔をし、『また会おうぜ!!』と言って去っていった。

あぁぁぁぁぁ!!!
とうとう、ようやく言ってくれた。
待ちに待った、また会おうぜ~!!

嘘でもいいから、その言葉を待ってました。
その言葉で、これから先もまた会うために頑張ろうと思える人が、この世の中にはたくさん居るんですわ。

また会うために、お金貯めておこう。
また会うために、仕事頑張ろう。
また会うために、病気にも負けないぞ。

とにかく、また会うために頑張って生きていこうと思えるわけです。
ある意味、お医者さんのような、薬のような効果があるわけで。

これで自分も、頑張れますわ。

そしてエンディング映像。
ふと見ると、出入りするところを、カメラが張ってますよ。
それも赤いランプ点灯させて。

お、もしかしたらと思ってたけど、小田さんやる気満々やんか。
こりゃ、トリプルアンコールだね。

出やすいように、もっともっと場を盛り上げねばと、またもや大声でアンコールを叫びます。
1回入口を照らされたんで出てくるかと思いきや空振り。

2回目でまた皆さん、斜め下から出てきました。

小田さん、稲Pと有賀さんが花道前方前まで出てきて、3人で肩を組み、ひとつのマイクで「だいじょうぶ」を。

終わってまた去っていく小田さんを見送り、去年の初日の熊本やいくつもの会場で応援。
最後の千秋楽まで見れて最高でした。

来年はないかな?
もうずっとないのかな?

けど、楽しみに待ってますわ。


さて、抜け殻のようになって、駅まで歩きましたが、風もなく病み上がりにはこたえます。
都会でないんで、そうすぐには電車は来ない。
それでも臨時列車が出てますが、都会にゃ程遠い・・・

2回目で乗り、偶然前で座れたんでよかったですが、座れなけりゃ倒れてました。
冷房は効かず、満員電車にさらに押し込み、なかなか出発せず。

たったひと駅でしたが、地獄のような時間。

チンチン電車も終わったようで、松山駅からホテルまで歩きです。
晩飯を食うために、いくつかの店を見ましたが、どこも喫煙OKの所ばかりでホテルに着きました。
しょうがないから、近くのセブンで弁当を購入。

ホテルで食い、風呂に入って抜いて女房にバトンタッチと思いきや、バスの外が詰まって水が逆流し大変なことになってますよ!!

すぐさまフロントに連絡し、部屋を交換かと思いきや空いていないようで、すぐさま掃除して応急処置。
また逆流したら嫌だというんで、女房はシャワーのみに。
これがいけなかったのか、私が移したのか、今度は女房が風邪をひいちゃいました。

朝、ホテルでの食事。
ポンジュースを置いてあり、3杯飲んじゃいました。
うまし!

10時過ぎにホテルを出て、防予汽船に乗るために港に。
見ると、私が思ったフェリーとは全然違い小さいやん!
宮島のフェリーより、少し大きいくらいか。

こりゃ酔っちゃうやんか。
すぐさま引き返して酔い止めを購入。
乗っても酔わないように、すぐに寝ました。

起きたのが先日日付けられた大島大橋。
同じ山口県に居ながら、初めてみました。

フェリーをおり家に帰ったのが17時ちょうど。
観光もしてないのにこの時間・・・
東京に行ったほうが、近いような気がしますわ。

去年、困った事に、小田和正さん。
ツアーの最終日に、追加公演を発表した。

さいたまスーパーアリーナだっけ?
ファンクラブ枠でも取れずに行けませんでしたが。

あちゃ~、また行かないといけないよ。(笑)
でも、困った事にファンクラブ枠でもチケット取り辛くなってきた。
今までは、うちのと、女房の会社の同僚の人のファンクラブ枠で、行けない事はなかったんだけど。

そんな訳で、今回は確実に行けるように、私もファンクラブに入り、3つ枠での応募です。
我が家には、2つも会報が参ります。

が・・・

ことごとくハズレ続け、当たったのは、福岡と愛媛のみ・・・
関東の方とか行って、陽州商人のラーメン食いたかったし、神戸の狭い会場で小田さんを見て、神戸動物王国にも行きたかったのに・・・

さて、そんな訳で、福岡。
平日でしたが、会社休んで出かけました。
今回は、夫婦と女房の同僚の方と娘さんの4人で参戦。

昼に着き、同僚親子は天神に下ろし、私と女房はマリンメッセ近くのいつもの駐車場に車を止め、バスで博多駅の方に。
こんな時じゃないと、バスなんか乗りません。
20190522_123027

博多駅付近のサボテン。とんかつ屋です。
20190522_125939
昔は近くのショッピングセンター内にあったんですが、改装の時に無くなってしまい、10年ぶりくらいでしょうか?
美味しかったです。

ヨドバシカメラに行き、ちぎれたエアブラシのホースを購入。
東急ハンズや、阪急デパートで買い物し、時間が来たんでバスで移動し会場に。
20190522_174312

当たりますようにと、バックシートの抽選に応募するもかすりもせんし。

おなご3人は、ツアーグッズを買いに行き、思ったとおり追加のツアーグッズも販売されており、女房がバイトされました、
ただ、今回はパンフレット買わないと袋が貰えないとブーブー文句。
そんな訳で、おなご3人は車に荷物を置きに行き合流し、ツアーバスを撮影。
20190522_173655

どさくさに紛れ、娘さんとのツーショットも。
あぁ、逆光だ・・・orz
6852_new

20190522_175832
今回はアリーナ席。
近くで見れる確率は高いが、ハズレ席だとスタンド席より見にくい。

中に入ると、いつもと違うし。
おあおあおあ
席は花道、サブサブステージ7mそば。
ここで小田さんが歌えば、結構近くで見られるし、花道を通ったら5mほどの近くに。
ただ、今回も金原さんからは遠い席で残念・・・

見渡すとアリーナ席が、すげー広いぞ。
どうやら、常設スタンドはどうにもならんからそのまんまだが、アリーナに出せる移動式のスタンドは両サイドから出ていないし。

スタンド、つまり階段がないから、両サイドのスタンド席には、小田さんの乱入はない。
前方真ん中あたりにある、天井スクリーンは、スクリーンではなくテレビのようなものが3面あるものに替えられていた。

時間が経ち、いつもの映像が始まり、SLのアニメの後に小田さん登場!

セットリストや、コンサート内容は、あっちこっちであがってますでしょうから、のちパクって掲載。
私は、見たものを載せて行きます。
順番、違うのもご容赦!

今回は、白いTシャツの上にカッターシャツ。
前半分は、細いブルーのストライプが入ってました。
袖は2回おってましたね。

パンツは薄いグレーで紺も少し入ったような物で。
スニーカーは、ほぼ黒で、濃紺のアシックスのマークが入ってました。

場外乱入の時に、映像で遺影のような物を掲げた方が。
きっと、写った方もコンサートに行きたがったんだろうなぁと、熱いものがこみ上げてきました。

向かい合ってギターが終わった後、稲ピーとグータッチ。
初めて見たぞ!

御当地紀行後、白いTシャツに着替えて登場。
前の下の方に、黒枠で白い字で「RAG &」の文字。
背中に、「BONE」。

なんかのメーカーでしょうか?

アンコール後は、新しいデザインのツアーTシャツ。
これも欲しいなぁ・・・

さて、もう1つの楽しみが、松江のコンサートで隣になった松山さんという方。
アンコールを叫ぶ人で、みんなの牽引者です。

さて、松山さん、今回はどこにおるんかなと探したら、右2時の方角40m先に、アンコールを叫ぶおじさま発見!
松山と同じ帽子を被られておったんで、直ぐに分かりました。

今回は、まだ風邪が残っており、2回目のアンコールの時は激しく咳き込み、納得いくアンコールは叫べませんで。
残念。

風船乱入は、近くで破裂!
その後、1回来て私は縁起物なんで触りましたが、女房が触れず残念がってました。

最後の挨拶の時に、あっちこっちに挨拶をするんですが、ある方角から撮された時に、金原さんが小田さんに被っておりまして。
それに気づいた金原さん、さっと何事もなかったように位置をずらし、小田さんが映るようにしました。
気遣い、すごいですわ。

でも、今回は金原さん。
頭の上で手拍子するのが、美しくなく残念。
いつもなら、鞠がはじくような綺麗な手拍子をされるんですが。

でも、髪を切って綺麗になってました。

最後の、猪熊治五郎並みのいたずらっぽい目をしてピースサインをして、最後去っていったのが印象的でした。

それと、ちと気になりましたが・・・(笑)
金原さん、左の首筋にキスマークらしきものが・・・
驚いたのが、徳高さんにも、左鎖骨あたりにキスマークらしきものが・・・(笑)

虫にでも刺されたかな?(笑)

また、のちに色々書き加えていきます。








競争率が高いので、今回は私もファンクラブに入り、小田さんの会報が2通送られてきている状態です。

さて、女房の知り合いもファンクラブ会員なんで、都合3つある訳ですが、これで横浜アリーナ、さいたまスーパーアリーナ、マリンメッセ福岡をファンクラブ枠で応募したんですが、福岡以外全滅・・・

そんで、本日一般枠での抽選発表。
3人+娘にも応募してもらったんだが、横浜アリーナ全滅・・・
今まで、応募すれば全部行けていた横アリは、奇跡だったのか?

横浜行って、陽州商人の塩ラーメン食いたかったんだけど・・・

次は、一般のさいたまスーパーアリーナ。
せっかく有給取る気満々なのに。行きてぇなぁ・・・

夢にまでみた・・・
いや、もう夢さえ見れなかった森高千里の全国ツアーが行われてます。
20190223_170017

全国ツアーは1998年以来だそうで。
大阪や東京じゃ行われてましたが、子供が小さかったからかなと勝手に想像していました。

今回の全国ツアーは、全く気づかず。
めざましテレビで見て、初めて知りました。
公式ファンサークルのデジタル ジュリアには登録していたのに、この失態!

調べてみると、福岡。
それも海を渡った小倉であるではありませんか。

こりゃ行くしかないと思いきや。
すでにチケット販売は終了。

前、会社を辞めた子が、ヤフオクじゃなくっても、チケット仲介のサイトを見れば手に入りますよ。
それも定額より安く入る時もありますしというのを思い出し検索。
あるある。

ただ、2枚一緒とか。
バラだと、2階席だったり・・・
さて、どうしようかな・・・

しばらくして、もうこれで行かなきゃ、一生、生森高見れないでしょということで、2階席でも我慢しようと購入。
正規より安く購入できました。

しかし、翌日・・・
正規より4000円高いですが、1回席が・・・
orz

さて、当日。
ゆっくり行けばいいやと、途中、用事があった叔父さんのところにも寄らんと行けんので、開場3時間前に家を出ます。
女房の冷たい視線に送られ・・・(笑)

1時間前に、旧北九州光線年金会館に到着。
20190223_160915

すでに会場の駐車場の前には車の列。
仕方なく、道路を挟んだ反対側の駐車場に。

まだ早いんで、車の中で映画を見てますと、直ぐに行列が出来ました。
20190223_164043

開場15分くらい前から誘導され、中に入っていく行列。
そろそろ行くかと。
どうせ遠くからしか見れないから、出待ちで一瞬でも近くで見ようと、会場の周りを1周。

ここから出るという所を確認し、並ぶこともなく入場。
私より年上に見えるおじさんが多い。(笑)
女性のペアも割りとおりましたし、子連れや御夫婦の方もおられました。

パンフレットを購入しようかと思いましたが、たくさんの行列。
荷物になるから、終わってからでもいいかと、中に入る前にトイレに行くことに。
ここで、人生初の光景。

今までのいろんなコンサートに行くと、女便所には行列が出来ていることは見ましたが、男便所に行列ですよ!
いかに、男ばかりという事ですね。

席は2階。
緞帳もなく、すでにセットされた物が見えてます。

真ん中に6段の階段。
上が踊り場になって、そこでも歌えるようになってます。
そこまで、席から40mくらいかな。

踊り場の後ろ側には、「M」の時の丸い鉄骨のゲートが作られ、後ろからの階段でそのゲートをくぐり、踊り場に上がれるようになってました。

その後ろには、2mくらいでしょうかねぇ。
赤い正方形の旗が掲げられ、黒い文字で「街」とプリントされてます。

驚いたのが、生バンドなんですよ。
知らんかったわ~。

左から、ギター、キーボード、キーボード(?)。真ん中の踊り場。ドラム、ベース、ギターでしょうか。
後で紹介されましたが、「ホワイト クィーン」というそうで。

さて、始まりますよ~!!

何か、1階席の連中が叫び始めました。
おぉ、昭和のアイドルの親衛隊みたいな!
いいねぇ~!!

真っ暗になって、明るくなって。
後ろの「M」の鉄骨を通って出てきましたよ~!!

でも・・・

みえ~~~ん!!

そう、年寄りには40mの距離は遠すぎ、森高の姿は遠すぎました!!
小田さんのツアーだったら、もっと大きな会場なんで、スクリーンがあちらこちらに設置され、アップの小田さんとかも見れるんですが、そんな物はございません。

そこで・・・

双眼鏡~!!
と、ドラえもんの秘密道具のように取り出した、誰の物かも知らない家にあった物
これで森高の顔を・・・

み、見えん!!
あぁ、ピンとか。
ダイアルを回すと、ようやく森高の顔が見れるんだけど、なんか変、見にくい!!

どうやら、左右の目の視力が、相当離れたようで。
右に合わせれば左が合わん。
左に合わせれば、右が合わんという状態。

双眼鏡の意味がないやん!!(涙)

仕方なく右の目に合わせて、見させていただきましたが、もう少し倍率が欲しかった。
さて、最初の衣装!

シルバーのセーラー服のような、宇宙服のような衣装です。
襟には黒線2本。その周りがオーロララメ。
スカートはミニで、これもオーロララメ。

左腕には黒っぽいブレスレットが2つはめられてますね。
左中指にもリングが見えます。
右手には中指と薬指でしょうか、2つしてます。

靴は黒いハイヒールで、つま先だけラメ。
かかとも、ラメが入ってたかな?

あとは、ストッキングにもラメが入ってますよ!
もっと驚いたのが、付け髪って言うんですか?
何本か、これもオーロララメの毛が何本か入ってます。

森高って、ラメ好きやん~>
私と一緒!
私も、イカデビルのルアーには、オーロララメが欠かせないくらい大好きです。

それから、歌はCDと変わらないくらいの声で癒されますねぇ。
踊りは天下一品!

腰使い、関節使い。
ディズニーランドの、ミニーちゃん以上ですよ。
かわいいのう~!!

何よりすごいのが、2階席から見てもわかる美脚。
おぉ!!
国宝にしたい!

多分、私の記憶では3曲づつ歌ってMCに入ったような感じが多かったような?

7曲目のザ・ストレス時、曲と曲の間の暗い時に、瞬間で衣装チェンジ。
おぉ、可愛らしいピンクのウェイトレスの衣装。
白いリボンと、白いエプロンが萌え~~!!

よく見ると、スカートの下や、衣装の端からラメが見えますが・・・
どうやら、さっきの衣装の上から着たものかな?

次の衣装チェンジの曲、メモり忘れましたが、黒ラメの衣装で、袖はオーロララメかな?
胸元からは防具のような赤ラメの物。
スカートは、金ラメ!

ラメ祭りだ~!!

最後の衣装は、アンコールの時にチェンジだったかな?
パール系で、右肩から腰までタスキのようなラメの太いライン。
スカートはグレーで、真ん中だけもっと暗いグレー。

足元は、黒のハイヒールのロングブーツ。
ええわぁ~!!

この時気づいたんですが、左中指のリングが、黒い石が付いた物に変わっていました。
最初は石は付いていなかったと思うんですが。

アンコールで出てきて終わり。
で、帰っていく人々。

おいおい、アナウンスがないから、ダブルアンコールがあるんではないのと、手拍子していたら、再び出てきましたよ~!!

もう、会場が大盛り上がり。
前の親衛隊のような方々は、すっと色んな振り付けをしてまして。
ええなぁ、私も覚えてあの中に入りたいんだが。(笑)

そうとう、ストレス発散出来るでしょうねぇ。
うらやましいですわ。

終わって、ぞろぞろ帰る中、ゆっくりしていたら、先ほどの親衛隊のような方が叫んでます。
よく聞こえなかったんですが、その後3本締めが行われまして、私も楽しく参加させてもらいました。
これは、お約束だったのかな?

そんで帰りにパンフレット買おうと並んだら、売り切れやんか~!!
せっかくタオルと一緒に買って、ステッカー貰おうと思っていたのに・・・
絶望から、そのまま帰りました。

私は昔。
森高は好きではありませんでして。
今見ても、昔の森高のルックスは、綺麗で好きではありません。

ただ、歳を重ねて結婚する少し前から、少しふっくらして綺麗から可愛いに変身し、森高の魅力に初めて気づかされた愚か者です。

曲はアイドルらしからぬ曲も多く、楽しくって大好きだったんですが。

今回も大好きな「雨」、「渡良瀬橋」も聞けて感動です。
あのリコーダーは、森高が吹いてましたよ。

もち、いろんなアップテンポの曲の振り付けも、生で見れて大感激です。

広島も行きたいんですが、女房からヤキモチでNGが出て行けません。
最後の森高だったかもしれませんが、TV見て我慢しよう。


セットリストが、これだそうです!

1.NEW SEASON
2.ザ・ミーハー
3.ロックンロール県庁所在地
4.勉強の歌
5.SNOW AGAIN
6.風に吹かれて
7.ザ・ストレス
8.17才
9.私がオバさんになっても
10.雨
11.ララ サンシャイン
12.渡良瀬橋
13.二人は恋人
14.臭いものにはフタをしろ
15.気分爽快
16.GET SMILE
17.テリヤキ・バーガー
~アンコール~
18.この街
~ダブル・アンコール~
19.コンサートの夜

いや~、素敵なおみ足・・・

最高でした!

hhhキャプチャ
森高千里が、全国ツアーを開いているなんざ、いざ知らず。
先々週だっけ?
朝の情報番組で知ってしまいました。

調べてみると、もうすぐ九州で。
それも、福岡の旧北九州厚生年金会館であるというじゃありませんか。
すぐ近くやん。

コンサート日は、2月23日。
もうチケットは売り切れですよ。
で、初めてチケット流通センターなるサイトを見たら、通常料金と同じくらいで出ているじゃありませんか。

問題は2階席。
少し遠いかな?
少し高くなってもいいから、1階席出ないかなと待っていたら、もずくさんの死。

もう、森高の事なんか、頭から吹っ飛びましたが、少し経ったんで気晴らしにでも行くかと今日思い立ち。
再度、確認するも1階席は出ておらず、状況は一緒。

1階席を待ってて、2階席すら無くなったら、もう一生会えないだろうな。
小田さんのコンサートなら、そう遠い席ではないと、自分を納得させポチリ。

さて、楽しみが増えたわい。。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。




今回は、金曜日のコンサートだったんで、会社をサボって行ってきた。
出発は12時。

女房の会社の人とで、今回は3人で出撃。
だいぶ前に、一緒にも3人で行ったこともある。

高速を通り、途中雨。
ありゃ~!

広島到着。
雨は止んできました。
今回は、ゆっくりしたいとの事で1泊するんで、まずはホテルに。

20181020_090939
写真は翌日の。

14階だったか、12階だったか?
高所恐怖症の私は、下は見れません。
新しいホテルで、風呂とトイレは別で、風呂の扉なんか透明で、ラブホテルかって感じです。(笑)

私はのんびりしたいんで留守番ですが、女房たちはどこかに遊びに行きました。
少ししておいでというんで、近くのデパ地下で待ち合わせ。
ここで、美味しいと評判のお好み焼き屋の支店に入ります。
20181019_163143

20181019_164932
すごく人気の店のようで、サービスエリアには冷凍のまで置いてあり期待大でしたが・・・
美味しくないやん!

キャベツがでかすぎ、主張しすぎです。
おまけに、行列に並んだら注文を聞き、待ってる間に焼いておき、座ったらすぐ出す仕組み。
何か、私たちのちょうど前で流れが滞り、ようやく座って出されたのを食ったら、焼き過ぎでイカなんか硬いの。

待たせたくないのか、それとも早く回転を上げて儲けたいのか?
どっちにしろ、このやり方じゃ、美味しいものは出せませんね。
2度と行きません。

時間が来たんで出発で、歩いて広島グリーンアリーナまで。
20181019_164842
今回の席は、アリーナ席です。
小田さんを近くで見れますね。

20181019_174256
ツアートラックを見に行こうとしたら、見覚えが有るマークが。
次の日が、新日本のプロレスの興業があるそうです。
教えてもらいましたが、三沢が試合中に亡くなったのも、この会場だったとか。
南無・・・

ツアートラックは、撮影用に1台だけ置いてありました。
20181019_174547


20181019_174831
中に突入!
BlogPaint
今回は、メインステージの方を見て右側。
八の字の外側で、4列前に花道があり、その距離5m位。
メインステージ中央まで、45m位です。

入口で配られたチラシを見て爆笑しました。
ちまたで話題のジュリーのも入ってました。
20181019_180858
大丈夫じゃろか?(笑)

アニメのSLが走り、小田ティンカーベルが追っかけ乗り込みます。
舞台横からメンバーが入り、その後により大きな拍手で小田さん登場!
花道中央前に行き、コンサートの始まりです!

セットリストは、これのようです。
よそのをパクりました。

1. 会いに行く
2. 愛の中へ
3. こころ
4. たしかなこと
5. 愛の唄
6. 秋の気配
7. 小さな風景
8. 愛を止めないで
9. そんなことより 幸せになろう
10. 東京の空
11. 言葉にできない
12. good time & bad time
13. Yes-No

御当地紀行

14. 坂道を上って
15. time can wait
16. ラブ・ストーリーは突然に
17. キラキラ
18. YES-YES-YES
19. さよならは言わない
20. 生まれ来る子供たちのために
21. 風と君を待つだけ
22. 今日も どこかで
23. この道を
24. 君住む街へ

アンコール:

25. the flag
26. またたく星に願いを
27. hello hello

Wアンコール:

28. さよなら
29. やさしい夜
30. また会える日まで


今回は、the flagが入ってました。
前は、夏の終わりだっだですが、晩秋になっちゃったからかな?

声が出なくなる時もあり、その時は客が歌いフォロー。







小田和正 コンサート TOUR2018「ENCORE!!」』。
熊本、松江に続いて、福岡に参戦。

今回は、大好きな義姉夫婦とその娘と女房。
それと、まだ雛のコガネメキシコインコのポニョさんも一緒に行きました。
2785

まずは、腹ごしらえ。
天ぷらのひらたでしたっけ?
美味しかったですが、イカの不漁で大好きな塩辛が置いてありません。゚(゚´Д`゚)゚

ここで姉夫婦とは別行動。

ヨドバシカメラで、時間いっぱいまで遊んでました。
今回は1階を攻略し、あとは地下のみで、次回攻略予定。
なんせ広くって、興味があるものがありすぎて。(笑)

義姉夫婦と姪っ子と合流し、今夜泊まるサンパレスに。
ここは、昔からコンサートがたくさんあった場所なんだけど、今回初めてホテルもあって泊まれるんだと知りビックラこきました。

なんせ裏が、マリンメッセ。
近くっていいです。
20180923_102546

ここで姪っ子は離脱。
彼氏の元に。

4人でマリンメッセに出かけました。
オンステージシートに申し込むつもりが、ギリギリで締め切られ、挑戦すら出来ず。Orz
20180922_162841
タワーとツアートラック。
女房姉妹は、グッズを買いに行ってました。

さて,入場。
今回はスタンド席。
遠くですが、割とゆっくり見えます。

ありゃ、メモ帳忘れとる。
という事で、今回はあっちこっちのブログからのパクリと、覚えているものの追記です。
BlogPaint
メインステージまで75mくらい。
ピアノまで50mくらいでしょうか?

小田さん登場。
白いワイシャツ、1回腕まくり。
下も白いTシャツ。
同じメーカーかな?
BlogPaint
3つの模様でなく、もっとたくさんあったような。
四角と三角で棒グラフのような感じ。
Tシャツも、似たようなデザイン。

ズボンは、黒に近いグレーでチノパンか?
靴もそのような黒に近い物。

金原さんは、青紫のシックなワンピースだったかな?
とても素敵な衣装でした。

1. 会いに行く 
2. 愛の中へ
 
3. こころ
 (バンドメンバー紹介) 
4. たしかなこと
 
5. 愛の唄
 
6. 秋の気配
 
7. 小さな風景
 
8. 愛を止めないで
 
9. そんなことより 幸せになろう
 
10. 東京の空
(P) 1
1. 言葉にできない
(P) 
12. good times & bad times 

13. Yes-No
 
 

(ご当地紀行)

9月20日の新幹線の中で。
博多駅からスタート。いつもとは、違う所から。大濠公園。繋がれたスワンボート。
ボートは終わっています。ボートは無しです)。

ランニング中の野球部員の後ろをついて走る。
地元の若い衆の後ろを追っかけて走ってみてとっても楽しかったです。意外と走れました。

女の子。中学生?いえ、高校生です。
ヤフオクドーム前。
百道浜(9月21日)雨。

唐津駅。
ここだったかな?閑散とした街で、ばぁちゃんがスクーターに乗ってた。

唐津くんち曳山展示場。

外人に、「コンチハ、カラククンチ、スキデスカ?」だっけ?そんなこと言ってた。
(くんちのビデオに見入り、ちょっと感動しました)

唐津城。突然の雨で、若いスタッフが傘を取りに行く。
天守閣から海を望む。

虹の松原 何か食ったてけど、何か忘れた。

西南学院大学。
誕生日に財津からハッピーバースデーのメールをもらいまして、そうだ財津の母校の西南学院に行こうということでやってまいりました。財津は若いころ相当な人気者だったそうですが、本当だったんでしょうか。それはともかく元気そうでよかったです。

能古島行きフェリー。
のこのしまアイランドパーク。確か、うさぎに、昔餌をやりに来たご当地紀行があったような覚えがありますが、記憶違いだったらすいません。
それでうさぎに、覚えているかみたいな事を言ったような気がするけど、どうだったかな?

うさぎに餌をやり、指を噛まれる。うさぎは指を噛む云々の看板。
ヤギは、無理やり餌をひったくる。
住吉神社(コンサート成功祈願)
博多埠頭。キョドー西日本の二人と。


後半開始!。

着替えて、英語がたくさん入ったTシャツを着てました。
上はどうだったかな?
確か来ていたような・・・?

 

14. 坂道を上って 
15. time can wait
 
16. ラブ・ストーリーは突然に
 
17. キラキラ
 
18. YES-YES-YES
 
19. さよならは 言わない
(P)  
20. 生まれ来る子供たちのために(P)
 21  風と君を待つだけ 
22. 今日も どこかで
 
23 .この道を
 
24. 君住む街へ


(ENCORE1)
1. 夏の終り 
2. またたく星に願いを
 
3. hello hello


(ENCORE2)
1. さよなら(P) 
2. やさしい夜
 
3. また会える日まで
(アカペラ合唱) 

MCで・・・

福岡初日。3連休の最初の日にコンサートに来てもらって申し訳ない。

会場が広くってびっくり。

一昨日、71歳になった。会場も、時々、誕生日オメデトーの声がかかる。

RKBラジオの事も言ってましたね。
ラジオの「RKB、ラージオー♫」、「RKB、ラジーオー」の曲名を言うコーラス。
何パターンか、いまだに覚えてますねぇ。また聞きたいです。

コンサートの模様は、また、思い出したり、他の人のブログを見たりして追記していきます。

小田さんの声が、張っているところは出てましたが、弱く歌うところがかすれてて残念。

もう1つ、残念なところは、これはいつも思うことなんですが・・・
福岡公演に来ている人は、どうしてアンコールの時に帰るんでしょうか?
その数が、尋常じゃありません。

今回は、ちょうど出切ったところで小田さんたちがアンコールに出てきたんですが、2つ前か3つ前のコンサートツアーの時だったか?

小田さんを含めて3人だったかな?
アンコールで特別に吹奏楽器を吹くというのがあったんですが、小田さんたちが出てきてからも、目の前をゾロゾロ帰って行ってまして。

小田さんが確か、今日は何があっても演奏すると、遠まわしでアンコール途中で帰る人がいるけどやりますみたいな事を言ったこともありました。

自分が買ったチケットなんで、どう使おうと勝手ですが、そんなにも早く帰りたいですかねぇ・・・
遠くから来て、電車がないとか、よくわかりませんが。

全部終わって、最後のエンディングの映像の前に、またスゲー数の人が帰っていまして。

最後の。「毎日がアンコール」の文字が消えるまでコンサートと思っている私が変なのかな?

そうそう、ネットで調べたら、1日目と2日目の違いは、アンコールの「夏の終わり」が、「明日」になってたようですね。

終わって会場を出て、みんなホテルに止めてあった車に乗って長浜ラーメンを食いに。
もう何年も食ってません。


え、長浜ラーメン、無くなってるやん!
反対車線に、それらしき新しい建物があるんですが、近くの駐車場に車を止め行ってみたら、昔の店が移転したようで。

500円で替え玉が100円。
昔は50円だったんだけどな。
20180922_205408
宇部系ラーメン好きなんで、そうこってりしていないここのラーメンはイマイチかな。
20180922_205456

姉夫婦を、駅近くのもう1人の姪っ子夫婦のマンションに送り届け、ホテルに帰りました。



さて、22日。
朝。

やはり、安いホテルだけに、朝食のバイキングも種類も少ない。
まぁ、この程度だと、美味しそうなの一通り食っても、無理に腹に入れるほどの量でもないからちょうどいいか。

今日の予定は、松江ホーゲルパーク。
簡単に言えば、鳥が中心の動物園。
去年、神戸の動物王国みたいなところかな?

宍道湖を左に見ながら移動。
着いた。
駐車場は、2時間まで無料。

中に入ると、植木鉢が空中にぶら下がった温室のような所。
エアコンが効いて気持い。
IMAG4926
お客は日曜日にも関わらず少ない。
まだ10時過ぎだからか?

出て、ベルトのエスカレーターだったかな?
それを越えると、再度温室。
ここは、エアコン効いてなくって暑い~!

赤いトキが居ました。
1羽、かみ合わせの悪い子がいて、買った餌がなかなか喉を通りません。
IMAG4930[2]
その子だけのために、水の入ったコップが用意され、その中にエサを入れてあげると、上手に食ってました。
IMAG4929
出て屋外、屋根の着いた渡り廊下のような所を歩いて・・・

IMAG4939
ペンギンの餌やりも出来て、女房大興奮!
ここでは、ミント君が女房の相手をしてくれました。

餌のアジが、どう見ても新鮮じゃない。
恐らく解凍アジ。
他の子は嫌がってましたが、ミント君だけは、嫌々食ってくれてました。(笑)

IMAG4937[2]
おぉ、ここは昨日。
コンサートで出てたが。小田さんが短冊をぶら下げたところだ。
探していると、ご婦人が小さい声で、ここですよと教えてくれた。

小田さんの短冊、み~っけ!
IMAG4934[1]

IMAG4963[1]
オオハシの餌やりも出来ます。
ここで、飼育員さんとしばらく話し込みました。

どうやら、ここと神戸の動物王国、静岡の掛川花鳥園は、同一会社だったんだって。
いまは、別々になってるんだと。
だから、似ているんだ。

ここには大好きなコガネメキシコインコはおらんけど、ここから掛川花鳥園に行ったそうで。
色んな話を聞けて楽しかったです。
サービスも満点!

IMAG4975
ふくろうも、手に乗せられます。
全て有料ですが、ここでも飼育員さんと話をして、色んなことを知れました。
匂う事もできます。

ちなみに、オオハシもふくろうも、ほぼ匂いなし!
水浴びした後、匂いたいですわ。(笑)

乗せるの、200円だったですが、話をしている間もずっと乗せれてて、金額以上の充実感。

IMAG4967
黒鳥にもえさやり。

IMAG4982
綺麗な場所もありますし、また来たい所です。
近くなら、間違いなく2~3か月に1回は来ますね。(笑)

さて、昼飯は何食おう?

という事で、また車で出雲の方に行き・・・
IMAG4987
同じ蕎麦屋に。(笑)
どれだけ美味かったか、これで分かるでしょ。

キースヘリングのTシャツを来て覚えてもらったんで、今日も違うキースヘリングTシャツ。
覚えていてくれてたようで、サービスでミョウガと大葉を出していただきました。

お土産買って、帰宅。
車で4時間半は、ちと遠い・・・






7月21日。

初日の熊本に続き、今回、島根県松山市の松江市総合体育館に行ってきた。
島根県って隣なんだけど、津和野にりんご狩りに行く程度で、松江には親とは行ったことはあるはずなんだが記憶には全くない。

出雲大社の事も、全く記憶にない。
まさに初めて行くみたいな感じ。

行き方も知らないんで、全部女房任せ。
こんな時は、元バスガイド。
頼りになる。

心配だった高速道路は、災害による規制は一切なく、全て復旧していた。
松江道なんか通行止めだったのにね。

しかし、遠いことなんのって。
距離にしちゃあそうでもないんだろうが、東京の方が飛行機であっという間に着いちゃうんだからねぇ。
時間は短いが、飛行機代が高い。
しかし、大阪、神戸の方が近いが、時間もかかるし、新幹線代は飛行機代より高くなるという、なんとまぁ不思議な現象だ。

そんでもって、8時に出発し12時半に出雲に到着。
まずは、腹ごしらえ。
出雲大社付近の蕎麦屋、PCの方で見てたんだが、現地に行って何っていう店だったか、さっぱり忘れてしもうた。

探していて、細い道に入り、ええい、面倒だ。
目の前にある蕎麦屋に入るべと、どこから見ても普通の民家にのれんが垂れた店に入ることに。
IMAG4882[1]
店の名前はきずき。
中は、お金持ちの普通の民家っぽい部屋にテーブルが並べられている。
IMAG4883[1]
この他に、今日のオススメみたいなメニューがいくつか。
私は、割子そばの5枚、とろろ付きを。
IMAG4884[1]
まずは、3枚出てくるようだ。
蕎麦の艶がすごいよ!。
普段は蕎麦なんか頼まない女房が、美味しそうに蕎麦を食ってる。(笑)

うん、うまい!
観光ルートとは、ちょいと外れた名店だ。

帰りに、見送りに出てきた店の方が、私のTシャツを見て、キースヘリングですねと。
いやはや、ぱっと見て分かるようなんで、この人もキースのファンのようです。

さて、出雲大社に。
正しくは、「いずもおおやしろ」と呼ぶようです。
TVで言ってました。

なんとまぁ、びっくらこいたのは、でかい日の丸。
IMAG4889[1]
国旗掲揚柱(ポール)の高さ:約47m
日の丸国旗の大きさ:畳(タタミ)75枚分
日の丸国旗の縦横の長さ:縦9m×横13.6m
日の丸国旗の重さ:約50kg だそうで!!

どうやら、大きな鳥居というものがあるらしいが、ただいま工事中だとか。
しかし、暑い!
もう、ホテルに移動!

ホテルは松江市。
途中、宍道湖というものがある。
私は、ここに来るまで、その湖の事は一切知らんし、しんじこと読むのも知らんかった。

とにかくでかい。
あとで調べたら、50Km弱。
自転車で走るには、ちょいと物足りんなぁ・・・

カモも居るし、鵜もいるし。
大きな鯉でも居そうだなぁ。
あちこちに、うなぎ専門店もある。

ホテル移動。
今回は寝るだけだから、まぁいいかと、安いホテルをチョイス。
狭いけど、新しい物件だったんで綺麗。

17時10分。
開演時間が近いんで出発。

歩けない距離じゃないんだけど、この暑い中歩くのは嫌なんで、あらかじめタクシーを予約しておいた。
タクシーの運転手さんと、しばし話を。
で、びっくらこいたのが、宍道湖は湖でなく海水なんだと!!

簡単に言えば、入江と思っていいですだって。
太刀魚も釣れるし、今の時期、スズキが釣れるんだと。
ホテルから、川(川のように見えるが海)まですぐなんで、竿持って来ればよかったと少々後悔。

人を追い越し、1000円を超えたところで到着。
松江体育館。
狭いやん~!
IMAG4909[1]

さっそくツアートラックと・・・
IMAG4901[1]

今回のドナドナ席は、事前申し込みだったのか?
オンステージシートの申し込みの場所はなく、中に入る。
BlogPaint
C3左の一番前。

う~ん、微妙な場所ですね。メインステージまで50m弱くらい。
一番近い花道で10mちょいか?
あえていうなら、通路になってるから、小田さんが通るかもとちょい期待。

ここで一番端の席に、おじさんが1人で座っている。
女房が隣に座り、私がその隣に座った。

麦わら帽子、カンカン帽という物なんだろうか?
お洒落で話し上手の60歳過ぎくらいかな?

名古屋から来て、奥さんはジャニーズ、EXILEの追っかけ。(笑)
今回のツアーも、ほぼ全て行っているもこだわりがあり、食事が合わないんで九州の公演には行かないという。
こりゃ、時間もお金もあって、どこかの社長さんか?

名前も聞いたんだけど、忘れてしまった。
一番狭い場所は、函館なんだって。
入る人数は、ここの半分位じゃないかといっていた。

開演前に話が盛り上がり、おじさんにお願いをされちまった。
よく聞こえなかったんだが、だいたいこんな感じ。

アンコールの時に、みんなのアンコールという声が聞こえないから、お手伝いして。
うん、分かった。
おじさんのために、一肌脱いだるわ。

一杯、手を叩けばいいんでしょ。
これが、後にとんでもない事になるとは、その時は思いもしなかった・・・

さて、開演~!
蒸気機関車登場。
小田ティンカーベルが飛び、メンバーが入ってくる。

会いにいくのいんとろがで、小田さん登場!

今日は、腕まくりの白いワイシャツだっけ?

下、Tシャツ。
デザインは、違う斜めの線でだけで構成された柄。
メモしましたが、絵にするのはムズイ。

チノパンっていうんですか?
黒のめっちゃ薄い色。
今回は、靴は確認できませんで。

金原さんは、多分熊本と同じ。
白いスカートみたいなズボンでしたか?
緑色の、葉っぱみたいな柄ですね。

ネックレスも、白いダリアで、真ん中が水色の物でした。
今回も金原さんからは遠い席で・・・
最近は縁がないなぁ・・・

曲目はこれ。
よそのブログから、パクりました。

1.会いに行く
2.愛の中へ
3.こころ
4.たしかなこと
5.愛の唄
6.秋の気配
7.小さな風景
8.愛を止めないで
9.そんなことより 幸せになろう
10.東京の空
11.言葉にできない
12.good times & bad times
13.Yes-No
14.坂道を上って
15.time can wait
16.ラブ・ストーリーは突然に
17.キラキラ
18.YES-YES-YES
19.さよならは言わない
20.生まれ来る子供たちのために
21.風と君を待つだけ
22.今日も どこかで
23.この道を
24.君住む街へ

アンコール

25.明日
26.またたく星に願いを
27.hello hello
28.さよなら
29.やさしい夜
30.また会える日まで

御当地紀行

覚えていることのみ。

まずは、電車で岡山に。
車で松江。続きが読めん・・・

蒜山サービスエリア。読めん・・・

鳥取。大山。
ヤギに餌をやろうとしたら、頭突きを食らわせれれる。

みろくの?暗い中書いたんで、読めんものばかり・・・
アイス食って、まいう~。

島根城。

宍道湖、夕焼け。

松江駅。
ミスタードーナツ?ドトール?
コーヒー。

フォーゲルパークで、老人なんでシルバー割。
書き込む小田さん。
500円安くなるそうで。

トキとフラミンゴを間違える。
長いベルトのエスカレーターを上ってる最中、草刈りで疲れて休んでいたおじさんに声をかける。
短冊に、コンサートの無事を書く。

おばさん、ババァ。

平?の蕎麦屋。

自転車の前側だけのデザインのTシャツを着てる。

自転車で宍道湖。

よそのブログも覗いて、追記していきます。


さよならは言わないの時、「ずっと」の後、イヤホンの位置が悪かったのか、黙り込んでイヤホンをいじって間があく。(笑)

キラキラの時に、場外に飛び出て近くまで来たんで、目の前の通路を小田さんが通るかと思いきや、隣の通路でした。
残念。
しかし、5m先に、生小田さん見れて幸せ。

さて、問題ですよ。
一通り終わって、最初のアンコール。
メンバーが下がって、客がアンコールの手拍子。

おじさんも、やってるし。
私たち、夫婦も一生懸命手をっ叩く事に。

しばらくすると、おじさんに動きが・・・
立ち上がって、両手を口に当て、突然叫びだした!

「小田さんに、みんなの思いを届けよう~!!」 (おじさん)

えっ、おじさん。
何やるって言うのよ?
とりあえず、のっておこう。

「おぉ~!!」 (私)

すると、おじさん。
大声で、叫び出しました。

「アンコ~ル、アンコ~ル!」

えっ、これをやってくれと、お願いされたの。

しょうがない。
おじさん、1人で討ち死にさせてたまるか。
義理堅い座敷童子も、大声で続きます。

男2人で、大声で「アンコール」を叫び続けます。
おじさんも、大声でしたが、中学校の時に応援団長をしていた私。
負けずに出しますよ。

明らかに、周りから浮いてますが、おじさん独りにさせちゃ男が廃る。
引いてる人もいれば、面白がっている人もいます。
え~い、ままよ~!!

大声で二人の男に、挟まれた女房は、たまったもんじゃなかったでしょう。(爆)
3分以上、叫んだでしょうか。
ようやく、小田さんたちが、出てきました。

おじさんと目が合い、お互いニヤリ。
何年ぶりかに、こんな大声を出しました。
汗びっしょりです。

おじさんが、扇で風を送ってくれます。
心遣いが嬉しかったです。
何か、大声だして、気分がハイになっちゃいました。

またたく星に願いをの時だっけ?
大きな風船が、会場に放り込まれます。

以前、別府の時に私は触ったんですが、女房は1度も触れず。
今回は、どうでしょ。

目の前に投入されて風船。
ジャンプするも、ほんの数センチ届かず。
私は回収時にタッチ!

小田さんたち、また下がり、2回目のアンコール前。
まだやるの?
おじさん、立って手を叩いてます。

もうないか?
と思っていた。
油断してたら、また叫んで、「アンコール」を絶叫!

え~い、毒を食うなら皿までよ~!!
と、またのっかって、私も「アンコール」を絶叫。
周りも乗っかってきて、数人で「アンコール」を絶叫。

すると、前のご婦人が、おじさんに苦言。
「耳が痛い」

さて、おじさん、どうするか?
私も黙って見守る。

おじさん、「ちょっとだけ、耳をふさいどいて」と、素敵な笑顔で、また始めやがった。
師匠、座敷童子は付いてまいります!
また、大絶叫。

まだ、昭和の頃。
私は、その頃はオフコースのコンサートしか行ったことがありませんでしたが、みんな「アンコール」と声を出して拍手していました。

いつのまにやら、手を叩くだけのお洒落になったのか?
いいやん、昭和のアーティストに観客。
演奏中は大人しいんだから、アンコールの声だけは出させてよ。

さて、小田さん再登場。
おじさんから、のど飴をいただきました。
師匠、これで良かったですか?( ̄∀ ̄)

さよならは、オフコース時代に近いバージョンになってます。
ただ、最後のピアノの低い音が続くところ。
あれは、昔みたいにギターで軽やかにしてもらいたいです。

さて、楽しい時間が終わって終焉。
最後のエンドロールもちゃんと見てたいのに、目の前が通路で帰る人たちがスクリーンを隠します。

最後まで見ろよ~。
最後に、小田さんからのメッセージが出るのに。

「毎日がアンコール」

これが出て、ようやく終了。

おじさんと固い握手をして、今度は広島で会いましょうと約束。
あれ?
名前も忘れたし、連絡先も知らんけど、縁があったらまた会えるでしょ。

何より、おお声出してアンコールを叫ぶの、おじさんくらいでしょう。(笑)

帰りは、歩き。
川のような海を見ながら。

いくつも橋があり、橋には明かりがついてる。
覗くと、1度だけライズ。
やっぱ、シーバスおるやん。

ずっと先まで、いくつもの橋。
これ、釣り歩きにゃ、最高の場所やん。
おらんかったら、次の橋に行ってルアー通せば、どこかに魚は付いてるでしょ。

しかし、竿がない!゚(゚´Д`゚)゚

ホテル近くに、予約をしていた串カツ屋に到着。
予約、いらんかったやん。
空いてるし。

で、ぜんぜん美味しくありませんでした。
女房の、酔っ払った姿見れたから、良しとしよう。

 

このページのトップヘ